1日3食 麺づくし!? これも宮崎グルメを堪能する1つの方法です!-1

1日3食 麺づくし!? これも宮崎グルメを堪能する1つの方法です!

朝食に、ランチに、お酒のシメに 宮崎のご当地麺はいかがですか!?
「辛麺」、「釜揚げうどん」 食べて帰らないと後悔しますよ。
 

やわらか麺、やさしい出汁の「宮崎うどん」で1日のスタートを

実は、宮崎は「隠れ うどん王国」。隠しているつもりはありませんが・・・・・ 宮崎市内を車で走ると、うどん屋さんの看板、のぼりが目に入ってきます。
「宮崎うどん」の特徴は、コシの無い”やわらか麺”。もちろん、しっかりとしたコシのあるうどん麺のお店もありますが、”やわらか麺”のお店の方が圧倒的に多いのではないでしょうか!?
また、宮崎の文化となっているのが「朝うどん」。朝6時台からオープンしているお店もたくさんあり、早朝から多くのお客様で賑わっています。
お箸で持つと切れそうなほど柔らかい麺に、やさしい味の出汁、お好みで卵や天かす、天ぷらなどのトッピングを加えて、宮崎での1日のスタートを切ってみてはいかがでしょう!?

全国にファン急増中! 一度食べたらやみつきになる「辛麺」 あなたは辛さ何倍に挑戦!?

今や全国区となった宮崎のご当地麺「辛麺」。
しょうゆベースに、大量の唐辛子、挽き肉、ニンニク、ニラ、ふんわり溶きタマゴで構成されたスープに、そば粉も含まれる 通称”こんにゃく麺”が入った「辛麺」は一度食べたらやみつきになる味で、全国にファンが急増中です。
辛味のない”0倍”から”超激辛”まで、辛さの段階が選べるため、お好みの辛さを選んで召し上がれ。麺も、こんにゃく麺のほか、中華麺、うどん、ごはん(雑炊風)を選べるお店も。
ランチに、飲んだ後のシメに、是非ともご賞味ください。

宮崎グルメのシメは、つけ麺スタイルの「釜揚げうどん」で

ツルツル・シコシコにゆがかれた麺を揚げ玉とネギが入ったダシ汁につけていただく「釜揚げうどん」も宮崎を代表する味のひとつ。
飲んだ後のシメにもピッタリで、歓楽街ニシタチには、夜のみ営業する釜揚げうどん専門店も多数あります。
もちろん、メニューのひとつとして取り扱っているうどん屋さんもあるので、ランチにシメに味わいたい一品です。

このページを見ている人は、こんなページも見ています

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。