景清廟 かげきよびょう

景清伝説と娘人丸

沙汰寺跡の境内には、平景清を祀った景清廟があり、境内には平景清の墓と伝えられる石塔があります。平景清(藤原景清)は、源平合戦時、平家方の武将。景清は、平家滅亡後に日向国に下向し、300町を領有し、名田神社、帝釈寺などを建立します。景清は日々念仏を唱えて、滅亡した平家の霊を供養して暮らそうと心がけたが、源氏が栄える世の中を見て暮らすことに我慢できず、自らの眼球をえぐって投げ捨てました。その眼球は、大淀川を越え対岸の生目神社まで飛んでいったと伝えられ、生目神社は景清を応神天皇とともに祀っています。一方、景清の娘の人丸は、景清が日向に下向したことを知り、日向にようやくたどり着き、景清のことを尋ね歩いたが、「一向に存じませんが」と言う盲僧の声だけを聞いた。幼くして別れた人丸は、景清の顔を覚えておらず、盲目になったことも知らなかった。何軒か村人に尋ねた人丸は、先程の家を再び訪ね、「父上様。人丸です。」と呼び、かくして親子は涙の再会をしたと伝えられています。平景清の遺骸を葬った所の一隅に人丸の墓も建っています。毎年、旧暦8月15日に景清命日祭が区会及び保存会で行われています。


カテゴリー
神話・歴史
旅のテーマ
神話の世界に触れる

基本情報

住所 〒880-0035 宮崎県宮崎市下北方町塚原5836番地(下北方町自治公民館)
電話番号 0985-26-1120(宮崎市大宮地域事務所)
営業時間 問い合わせ先の受付時間 8:30~17:15
休業日 問い合わせ先の休業日 土曜、日曜、祝日、年末年始
料金 拝観無料(命日祭等を除き、防犯上、扉は閉めています。)
アクセス 宮崎交通「平和台バス停」下車徒歩5分
駐車場 自動車5台(自治公民館との共用)、バス等は要相談

MAP

このスポットから近い「チキン南蛮が食べられるお店」

このスポットから近い「宮崎地鶏が食べられるお店」

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.