• 観光情報ホーム
  • エリア別観光スポット
  • 目的別観光スポット
  • 季節別おすすめスポット
  • モデルコース紹介
  • スポーツ・合宿施設
 
 
 
 

青島神社

スポット紹介

青島の中にある神社で、縁結びの社として知られています。

日向七福神のひとつで、琵琶を抱いた美しい弁天像があります(事前予約で拝観することができます)。

祭神/ヒコホホデミノミコト(山幸彦)、トヨタマヒメ(豊玉姫、山幸彦の妻、海神の娘)、シオツチノオキナ(塩土の翁)。

歴史

神社が創建された年代は明確ではありませんが、国司巡視記「日向土産」に″嵯峨天皇の御字奉宗青島大明神(さがてんのうのぎょうあがめまつるあおしまだいみょうじん)″と記されており、820年代以前から奉祀されていたと思われます。

古くは島全体が霊域とされ、江戸の頃まで一般の入島は許されませんでした。

旧暦3月16日から3月末日まで期間に限って一般の入島が許され、しかも他領人の渡島参拝は禁じられていました。

その後元文2年(1737)5月23日他領人の参拝が許され、全国の信者が参集するようになりました。

社殿の歴史

社殿は度々建て直されていて、文亀3年(1503)都於郡城主伊東尹祐が、更に大永・天正・貞亨・寛保・明和・文化・明治・大正10年に再興改築されています。

昭和49年2月12日に本殿を焼失、昭和49年12月15日に再建されたのが現在の本殿です。

まつり

1月成人の日 青島神社裸まいり
7月下旬 海を渡る祭礼

施設概要

建立 文亀元年(1501)
所在地 宮崎県宮崎市青島2丁目13-1
面積 4,450平方メートル
交通 JR⇒「青島駅」から徒歩10分
バス / 「青島線」下りの「青島」バス停から徒歩5分
車 / 「宮崎駅」から25分
電話 0985-65-1262(社務所)
URL 青島神社