• 観光情報ホーム
  • エリア別観光スポット
  • 目的別観光スポット
  • 季節別おすすめスポット
  • モデルコース紹介
  • スポーツ・合宿施設
 
 
 
 

高月院

スポット紹介

慶長17年(1612年)4月佐土原藩初代藩主以久の3回忌に2代藩主忠興が建立。以来藩主の菩提寺として保護を受け、後方の小高い墓地に藩主及び奥方、側室の墓石群が並んでいます。

島津家は代々曹洞宗でしたが以久は晩年京都伏見にあったとき京都大雲院の門に入りました。高月院は以久の戒名『高月院殿前典厩照誉崇恕居士』にちなんだものです。
浄土宗知恩院末大池山青蓮寺高月院。本尊は阿弥陀如来。

寺の左手には戊辰の役の碑『豊烈曜後の碑』があります。
戊辰の役における佐土原隊の活躍はめざましいものでしたが、その分多くの戦死者がありました。『豊烈曜後の碑』は、この慰霊祭を京都大雲院で行ったときの碑で、その後この佐土原に移されました。

施設概要

所在地 宮崎県宮崎市佐土原町上田島8079-3
交通 JR佐土原駅から車で約15分
JR佐土原駅から西都行きバス、春田下車、徒歩10分
電話 0985-74-0629
駐車場 あり
トイレ あり(駐車場脇・和式)