宮崎県総合博物館 秋の特別展「みやざきの神楽」 みやざきけんそうごうはくぶつかんあきのとくべつてん「みやざきのかぐら」

宮崎県は日本有数の神楽の継承地である。その神楽は各地で長い年月を経る中で様々な姿となり現在に至っている。現在でも県内には200を超える神楽保存団体があり、300を超える集落で神楽が斉行されている。国の重要無形民俗文化財の神楽は都道府県別にみても最も多く、米良(銀鏡)神楽、高千穂の夜神楽、椎葉神楽、高原の神舞の4件が指定されている。
本展覧会は県内神楽の歴史や多様な内容の資料を一堂に集めて紹介する。祭りの場では近くで見ることができない外注連や彫り物、天蓋、採物、神楽面、衣装、楽器、唱教・神楽歌の記録などを展示する。さらに神楽と結びつきが深い記紀神話などに関する資料についても紹介する。
あわせて神楽の映像や公演によって理解を深め、県内各地の神楽の魅力や価値を認識してもらうことにより、宮崎県の神楽を未来に継承していく気運を醸成する。


カテゴリー
文化・芸術

基本情報

開催期間 2020年10月17日(土)~11月29日(日)
開催場所 宮崎県総合博物館
住所 〒880-0053 宮崎県宮崎市神宮2丁目4番4号
電話番号 0985-24-2071
営業時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休業日 毎週火曜日
※但し、11月3日(火)開館、4日(水)休館となります。
料金 無料
アクセス ○宮崎交通バス
◆綾・国富方面行き又は平和が丘・古賀総合病院方面行き「博物館前」下車徒歩3分
◆宮崎神宮行き終点下車徒歩12分
○JR九州「宮崎神宮」駅より徒歩11分
駐車場 あり 約150台
関連リンク 宮崎県総合博物館 秋の特別展「みやざきの神楽」

MAP

このスポットから近い「チキン南蛮が食べられるお店」

このスポットから近い「宮崎地鶏が食べられるお店」

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.