• ホーム
  • 新着情報一覧
  • 東京海上日動火災保険株式会社と公益社団法人宮崎市観光協会との「観光振興」に関する包括連携協定について

新着情報

東京海上日動火災保険株式会社と公益社団法人宮崎市観光協会との「観光振興」に関する包括連携協定について

平成29年7月26日(水)、東京海上日動火災保険株式会社と公益社団法人宮崎市観光協会が観光振興に向けての包括連携協定を締結致しました。
東京海上日動火災保険株式会社が観光協会と協定を締結するのは、全国で”初”となります。

包括連携協定を締結することにより、宮崎市の観光振興と地域経済の発展・地域文化の向上や地域創生の実現につなげることを目的としてます。


●連携内容は以下の通りです。
①宮崎へ訪れる外国人観光客が、滞在中にけがや病気になったときなど不安にならないために、「安心・安全で快適な宮崎の旅」をして頂くよう電話などによる通訳サービス等の提供や無料Wi-Fi、専用アプリの提供を行っていきます。
②高齢者や障がい者の方が「安全・安心・快適に観光できるまちづくり」に向けおもてなし力向上に関するセミナーの共同開催。
③インバウンド受入体制の構築に関すること。
④観光資源のデータ分析として、外国人観光客の観光動態・嗜好調査のデータに関すること。
⑤宮崎の観光・物産のPRのため、観光・物産展を東京海上日動本店(東京丸の内)で開催を検討、双方のホームページでの連携を図ってまいります。


調印式では、東京海上日動火災保険株式会社宮崎支店長の元廣桂三支店長と公益社団法人宮崎市観光協会の菊池克賴会長が協定書を交わしました。
また、双方のゆるキャラであるミッシちゃんと東京海ジョー君も登場し和やかな雰囲気の中の協定式となりました。

今後は、上記の連携内容と宮崎の観光資源をいかした取り組みを積極的にすすめていきます。

●締結者
東京海上日動火災保険株式会社  宮崎支店  支店長      元廣 桂三
公益社団法人 宮崎市観光協会              会   長      菊池 克賴