みやざき市ロケ応援隊

宮崎市の概要

宮崎市の概要

宮崎市は大正13年4月1日宮崎郡宮崎町、大淀町および大宮村が合併し面積45.15ku、人口42,920人の県都として市制を施行した。

さかのぼってみると明治4年廃藩置県以降はそれぞれ延岡、美々津、佐土原、宮崎、都城、鹿児島の諸県に転属し、明治15年5月宮崎県の再置によって、その行政管轄下に入り県庁の所在地となり、諸官公署の配置とあいまって漸次発展の一路をたどった。

その後、市の発展とともに、昭和7年4月に檍村を、昭和18年4月に赤江町をそれぞれ編入合併した。
また、現行地方自治法施行後の昭和26年3月に倉岡、瓜生野、木花、青島の4村を編入合併した。さらに、町村合併促進法施行後の昭和32年10月に住吉村を、昭和38年4月に生目村を編入合併した。

これにより面積286.59 kuに加えて平成7年には人口30万人を超え、平成10年4月1日には中核市に移行した。

そして、平成18年1月1日に佐土原、田野、高岡の3町をさらに平成22年3月23日には清武町を編入合併し、面積が644.61 kuになるとともに、人口も約40万人となり、宮崎県の政治、経済、教育、文化の中心地として現在も発展を遂げている。

本市は「太陽と緑」に象徴され、南北に約40kmにわたる海岸線を有し、太平洋に沿って流れる黒潮によって温暖な気候風土に恵まれ、積雪もなく美しい松の大樹海、一ツ葉海浜から亜熱帯植物の繁茂する青島、国定公園日南海岸につらなる風光はまさに南国情緒にあふれている。

昭和63年、国も総合保養地整備法(いわゆるリゾート法)の第一号承認を受けた「宮崎・日南海岸リゾート構想」に基づく本市でのリゾート整備は、「シーガイア」と「青島リゾート」の開発により大きな進捗をみせたが、バブルの崩壊などにより、一時衰退した。しかし、スポーツキャンプの積極的な誘致・受け入れなど、「スポーツランドみやざき」を推進することにより、再び発展を見せている。

宮崎市の位置

方位 地点 緯度・経度
市中心部 市役所 東経 131° 25’ 22”
北緯 31° 54’ 15”
極東 佐土原町富田 東経 131° 30’ 21”
極西 高岡町内山 東経 131° 11’ 21”
極北 佐土原町上田島 北緯 32° 03’ 57”
極南 大字内海 北緯 31° 43’ 16”
距離 東西 29.9km
南北 38.3km

前のページへ戻る

このページトップへ