トップページへモク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバル日本大会in宮崎

ゲスト審査員

大会監修

Kumu Nani Lim Yap/クム ナニ・リム・ヤップ
『ナー・レイ・オ・カホロク』のクム・フラ。両親の出身地であるハワイ島のホノカアで生まれ、コハラで育つ。姉のクム・レイアロハ・リム・アミナと共に、彼女たちの母であるマリー・アン・リムとアンティ・マーガレット・カレオラニ・モク・タブリットにフラを教わる。高校生の頃、イオラニ・ルアヒネ、イーディス・カナカオレ、ジョージ・ナオペ、ダレル・ルペヌイといった様々なフラ・マスター達からフラを学んだ。コハラで活躍するリム・ファミリーの歌手としても活動しており、1981年、82年に、ナー・ホク・ハノハノ・アワードで「Most Traditional Hawaiian Album of the Year」を受賞、2002年には「Group of the Year」も受賞している。

大会監修

ゲスト審査員

審査委員長
Kumu Nalani Kanaka‘ole / クム ナラニ・カナカオレ<ハワイ島>

ハワイ文化の提唱者として余りにも有名な故イーディス・カナカオレの末娘。ハワイ島ヒロを本拠地とし、火山と火の女神ペレに捧げる踊りを母系家系から8世代に渡り受け継いでいる『ハラウ・オ・ケクヒ』のクム・フラ。

大会監修

クム・イワラニ・カリマ
ハワイ島、ケアウカハの出身。フラ・マスター、ジョージ・ナオペに師事。1986年に 地域の文化教育プログラムの一環として、フラ・ハラウ・オ・コウ・リマ・ナニ・ エーを設立。ハーラウは会員制で、ハワイ文化、芸術、ハワイの伝統に根ざしたライ フスタイルなどを後世に伝えていく事を目的としている。ハーラウには3歳から63 歳までのメンバーが参加しており、2004年にはNPO法人となった。ハワイ島で開催 される、ヘ・ハリア・アロハ・リリウオカラニ・フェスティバルやイオラニ・ルアヒ ネ・フラ・フェスティバルのコーディネーターとしても活躍している。

大会監修

クム・サイ・ブリッジス
ポリネシアン・カルチャー・センター教会の大学とハワイ大学で学びました。そして10年間ハワイ州のハワイアンヘリテージを学び、1980年にポリネシアンカルチャーセンターのハラウを立ち上げ、センターのシアターディレクターをしています。クイーン・リリオカラニ児童センター、プリンス・クヒオ·ハワイアン・シビック・クラブ、ワイアナエ・·コースト文化協会、1994年モオクアウハウ・ハワイアン・リーダーシップ・カンファレンスにも携り、1992年にナ・レオ・メレから二ポロ賞の最初の受賞も果たしました。メリーモナーク・フェスティバルの審査員としても活動しています。フラ、チャント、歴史を継承しています。

大会監修

クム・ケアリイ・サバロス
幼い頃から母親よりフラの手ほどきを受け、1991年ハーラウ・ケアリイ・オ・ナラニ を設立。ハワイの文化、芸術、言語、その独自性を基盤とする教えは多くのダンサー たちの支持を受けている。またフラを物語るボディーランゲージを重視したスタイル も高い評価を得ている。

大会監修
このページの先頭へ戻る