このページは、モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバル日本大会 in 宮崎のアーカイブページです。

最新の情報は下記リンクをご覧ください。

CLOSE

トップページへモク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバル日本大会in宮崎

本大会について

モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバルとは

毎年11月にハワイ島のワイコロアリゾートで開催される「モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバル」本選出場を目指し、宮崎市にて日本大会が開催されます。本年は、7月7日(土)~9日(月)の3日間、シーガイア・コンベンションセンターをメイン会場に開催されます。 本大会を盛り上げるため、中心市街地と一緒になって賑わいを図ります。また、当日は本大会出場クムフラがゲストとして参加します。

大会コンセプト

「モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバル」はハワイの文化を通じた、自然をはじめとする人々の営みに関わる 『あらゆることの学びの場』 であり、 ハワイの文化の中に共通して流れる、私たち 『日本人の精神性を再発見する場』 でもあります。 “神々の生きる島ハワイ“ と ”神々が宿る大地宮崎“ との出会い。 「モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フェスティバル in 宮崎」は、 地球上のあらゆる民族と、その固有の文化を互いに認め合おうという、 宮崎から世界へ向けて発信する異文化交流の模範でありたいと願っています。

名称の由来

大会の名称となる“Moku O Keawe”とは、ケアヴェの島、ケアヴェの土地という意味です。 “Keawe”は、その昔、ハワイ島を統治していた一族の名として知られており、この島を語るに一番古い名前でもあります。また、その名が最初の一族の名であり、ハワイ島がハワイ州最大の島であることから、この島を語るにふさわしい“名”のひとつでもあります。
ハワイ情報はこちらから

このページの先頭へ戻る