神話のたび

神話木花佐久夜姫

木花佐久夜姫(このはなさくやひめ)の出産と木花神社

木花佐久夜姫の伝説地が、木花である。海幸彦、山幸彦を産んだ木花佐久夜姫だけれど、その出産も大変なものだった。「一夜の契り」を疑う迩迩芸命(ににぎのみこと)に対して、産む間際になって産屋(うぶや)に火を放ち「この炎の中で無事に産むことで証しをたてましょう」ということになったわけである。よほど気丈な人だったにちがいない。

この時の産屋は戸をすべてふさいでしまったことから無戸室(うつむろ)と呼ばれ、その跡とされるものが宮崎市木花の木花神社の近くにある。

また、社内には出産の際に産湯をつかったとされる桜川という泉が湧いている。この木花佐久夜姫が壮絶な出産をした宮崎市木花は、山幸彦が訪ねた海神(わたつみ)の宮があったという青島の近くにある。

木花で産まれた海幸彦、山幸彦の兄弟は、兄海幸彦は青島あたりで魚をとり、弟山幸彦は加江田渓谷から鰐塚山(わにつかやま)あたりでウサギを追ったりしていたのだろうかと想像してみるのも楽しい。

海幸彦と山幸彦

天つ神と国つ神の間に産まれた初めての神である海幸彦と山幸彦。兄は海のものを、弟は山のものをと、それぞれに領分を決めて暮らしていたが、山幸彦は「たまには交代してみたい。どうか道具を貸してほしい」と海幸彦に頼んで、一日漁師になってみた。

ところが慣れないせいで、兄が宝としていた釣針を魚に取られて無くしてしまう。兄は怒り、どうしても許してくれない。しまいには自分の剣をつぶして針を作って持っていっても、あの針でなくてはだめだという。

途方に暮れて海を見つめていたところ、向こうからやってきた老人あり。これが塩椎神(しおつちのかみ)という人物で訳を話すと、「それなら綿津見大神(わたつみのおおかみ)(海の神)の宮へ行きなさい」と教えてくれる。

言われるままに訪ねた宮で山幸彦は、綿津見大神の娘、豊玉姫と結ばれて三年の間、楽しく暮らす。

広くいえば山の文化と海の文化がここで結ばれることになり、このあたりは、「天孫(てんそん)」を媒介にして日本という国が統合されていく様を表してるかのようだ。

さて、この綿津見大神の宮は青島沖にあったとされ、青島神社は山幸彦と豊玉姫を祀っている。また、山幸彦が三年の後に帰ってくる際、村人が海に飛び込んで迎えたという故事にちなんで、今でも青島では「裸詣り」というお祭りが行われている。