神話のたび

神話神武天皇

鵜戸の洞窟で生まれた
鵜葦草葦不合命(うがやふきあへずのみこと)は、
神武天皇の父となった。

海の宮で釣針を見つけ、陸に戻った山幸彦のもとに豊玉姫(とよたまひめ)が現れ、「これから出産ですが、決して中を見ないように」と言う。

そこで山幸彦は、大急ぎで海辺の洞窟に産屋(うぶや)を建てはじめ、見るなと言われると見たくなるもの、山幸彦は中をのぞいてしまう。

すると、中では大きなワニ(鮫とも龍とも言われている)の姿があった。海の一族は子を産むときに本来の姿に戻らなくてはならない。それを見られたことを嘆いた豊玉姫は産まれたばかりの子を残して去ってしまうことになる。

しかし、洞窟の岩からしたたり落ちる水を乳がわりにして子供は見事に育った。これが鵜戸神宮(日南市)に今も残るお乳岩の伝説だ。産屋の屋根に鵜の羽を、十分にふき終わる前に産まれたこの子の名前は、鵜葦草葦不合命。やがて豊玉姫の妹である玉依姫(たまよりひめ)を妻として4人の子供をもうけるのだが、その末弟が神倭伊波例昆古命(かむやまといはれひこのみこと)。神倭伊波例昆古命は、日本の中央部に国を開こうと思い、大勢の供を率いて美々津から船出し、東に向かった。

後に大和地方を平定して国を開き、橿原の宮を建て第一代の天皇となった。これが神武天皇である。日向は天皇家のふるさとになった。

神武天皇。神話から歴史への入り口。

幼少の時代を今の西諸県郡高原町(にしもろかたぐんたかはるちょう)あたりで過ごしたとされる神武天皇は、長じて宮崎へ移り、兄の五瀬命(いつせのみこと)らとともに国家統一を思案しはじめることになる。その時にあった皇居跡が宮崎市平和台の近くにある皇宮屋(こぐや)。すぐそばには、神武天皇を祀る宮崎神宮がある。

この地から天下を眺め渡した時、やはりどうもここは西へ寄りすぎているのではないかということになり、兵をまとめて美々津の港から東をめざした。いわゆる神武東征である。

この時点で日向三代の神話は終り、物語は神話からそろそろ歴史の入り口へと移り変わっていく。