203.2008プロ野球オープン戦 読売ジャイアンツvs福岡ソフトバンクホークス(02/24 22:57)


本日、宮崎市で春季キャンプを行う球団である読売ジャイアンツと福岡ソフトバンクホークスのプロ野球オープン戦がサンマリンスタジアム宮崎で行われました。

<画像> <画像>

13時から開始された試合は暖かい日差しの中行われ、約1万6000人もの観客が会場に足を運びキャンプ後の成果を発揮する試合に声援を送っていました。

<画像> <画像>


試合開始前には、読売ジャイアンツの原監督と王監督、そして読売ジャイアンツの長嶋茂雄終身名誉監督が会場に訪れ津村市長とサンシャインレディから花束を贈呈、その後和やかに握手を交す笑顔の3人にスタジアムからは惜しみない拍手が贈られていました。

<画像> <画像>

さらに、本県出身の巨人・木村選手とホークス・井手選手にも、協賛各社から花束と県産品が贈呈されました。

始球式はスタジアムの上空を飛ぶセスナからボールがパラシュートで落下してくるというサプライズ!惜しくも、バックスクリーン付近に落ちボールが使えないというハプニングもありましたが、無事に予備のボールを使っての始球式。都城市の野球少年が登板し、阿部捕手のミットにめがけて力強い球を投げました。

<画像> <画像>
<画像>

試合は、2回表にフォアボールで出塁したレストビッチ選手がヒットで進塁、犠牲フライで生還して先制。7回表には小斉選手の2ベースヒットで1点追加、8回表にも内野ゴロの間に1点を奪うなど、この春季キャンプの成果を存分に発揮したホークスが3-0で勝利となりました!

<画像> <画像>

<画像> <画像>

また、試合開始と共に福岡ソフトバンクホークスではおなじみのサインボールの投げ込みや7回の風船。5回終了後には地元のダンススクールEXPGの生徒たちが外野のグラウンドをいっぱいに使って曲に合わせてダンスを披露し、一緒にハリー&ハニーも元気にダンスするなど試合を見に来た観客から大きな拍手を集めていました。

203/341

次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る


Powered by
MT4i v2.2β1