2011年10月28日   元気体験レポート, 観光・イベント

2年連続!初芝立命館高等学校体育科 海洋実習

今年も、大阪の「初芝立命館高等学校」生徒64名が、海洋実習のため、宮崎の青島で「みやざき元気体験プログラム」を実施しました。

まず始めに、津波警報・大津波警報発令などを海上に伝える方法として、「オレンジフラッグ」があることを宮崎ライフセービングのスタッフが説明し、それぞれ海洋実習を行いました。

4班に分かれ、ライフセービング体験を行い、救助方法やAEDの使用方法などをしっかり学んでいました。

救急車が到着するまでに、自分は何をすればいいのか、1秒の大切さを実感し真剣に取り組んでいました。

64名の生徒の皆さんは、ボディーボードも体験し、宮崎の海を満喫していました。

インストラクターの方々と、クラス別で記念写真を撮り、交流も深めていました。

命の大切さや早めの処置の必要性を感じてもらい、これからの生活の中で、宮崎で行った実習の経験を活かして欲しいです。